乳酸菌は便秘予防や改善に心強い味方!!

乳酸菌と善玉菌で便秘予防や改善に心強い味方!!

 

 

 

 

乳酸菌で便秘を改善。
乳酸菌は便秘予防や改善に心強い味方なのです。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料には酸味があります。
あの酸味は乳酸菌の働きによって作り出される乳酸による酸味なのです。

 

乳酸は酸性の物質。
だから乳酸菌が含まれたヨーグルトは酸味を感じるのです。

 

ところで、便秘ぎみの時って「ヨーグルトを食べなきゃ」って、乳酸菌が含まれたヨーグルト食品などの摂取に対して積極的になりませんか?
この便秘というのは、食べた物のカスが腸の中で停滞している状態です。
食べた物のカスがずっと腸内に停滞すると、カスが腐敗して腸内環境を悪くします。
そして腸内環境が悪くなると腸の中で悪玉菌の働きが活発になって、私たちの体によくない毒素が発生されるのです。

 

便秘ぎみになると便がスムーズに排出できなくて辛いです。でもそれだけではなくて、悪玉菌によって発生された毒素が腸壁から吸収されて全身に回り、様々な病気の原因、そしてお肌のトラブルに影響を与えます。

 

「腸の様子は体の様子を映し出す」そして「腸がきれいな人はお肌がきれい」と言われるように、便秘は体にとってよくない状態なのです。
そこで便秘の予防には、普段から腸内環境を整えておくことが大切です。

 

私たちの腸内環境を整えてくれる善玉菌。
ヨーグルトやチーズ、味噌などの発酵食品に存在する乳酸菌は、善玉菌の代表的存在です。
乳酸菌は酸性物質を作り出して、善玉菌が増殖しやすい環境を整えてくれます。

 

そして乳酸菌は便の水分を調整してくれるので、乳酸菌の働きによって排便しやすい便を作り出せます。そのことから便秘の予防や改善には、乳酸菌を摂取して善玉菌の働きを活発にし、腸内環境を整えておくことが大切です。
善玉菌の働きを活発にさせるには積極的な乳酸菌の摂取が効果的です。
そして乳酸菌は腸内に長く棲みつくことができないので、乳酸菌の摂取は日々継続することが効果的なのです。

 

 

 

⇒手軽に乳酸機をとるならサプリがおすすめ♪